「意味のわかるものに投資せよ!理解できない銘柄や商品は買わない!」 - 株と生きたかった

株と生きたかった ホーム » 投資手法 » 「意味のわかるものに投資せよ!理解できない銘柄や商品は買わない!」


「意味のわかるものに投資せよ!理解できない銘柄や商品は買わない!」


money-1012599_1280_mini.jpg




投資の大原則!理解できる銘柄や商品を買う!


 Hi!ヤッホー!こんにちは。kabuiki1989です。
 ファンダメンタルズ系の投資家はもちろん、投資全般に言える事ですが意味のわかる銘柄や商品に投資するというのが資産運用もとい投資の大原則です。投資初心者はそのことを肝に銘じましょう。自分が理解していないのに結果を残す事ができるでしょうか?そんなわけがありません。スポーツでも勉強でも仕事でも自分が理解しているから正しい行動が選択でき、結果に繋がるのです。




具体的な勝算がありますか?ビジネスベースで考える!


「意味のわかるものに投資する」。こんな当たり前のことですが、株式投資の世界では残念ながらこの「当たり前」ができていない人が数多くいます。とりあえず口座を開設して、わけもわからず有名な大型株銘柄を買って上がるのを待つ、わけもわからず不祥事を起こした会社の株を空売りして下がるのを待つ。トレンドを無視して無謀な空売りや逆張りを行う。といった具合にです。株式投資は娯楽ではありません。ビジネスです。具体的な勝算があって、初めて資金を投じることができるのです。また、誰かに勧められたからという理由で投資信託などの金融商品を買う、有名な投資家のポートフォリオ上位銘柄を何も考えずに買うといったことを本当にやってもいいのでしょうか?投資初心者は特に、ビジネスベースでそれが適切な投資であるかを自問自答するべきです。


自分の頭で考えることが一番の投資の勉強になる!


 銘柄選択ひとつとっても、自分の頭で考えずに出した答えに一体何の意味があるのでしょうか?それによって利益が出るか損失が出るかというのはどうでもいいことで、投資を長期的なものとして捉えるのであればマーケットで戦うためのスキルは必ず自分のものにしなければなりません。投資初心者も熟練者も常に勉強が必要です。誰かの借り物で一生戦っていけるような甘い世界ではありませんし、毎年結果を残している投資家は自分自身の技術を絶えず磨いています。つまり、失敗と勉強と実践を繰り返して毎年投資家としての技術が徐々に向上しているのです。


自分が理解できるビジネス(企業)の銘柄でポートフォリオを組む!


 我々投資家は意味のわかるものに投資しなければなりません。
 個別株だけでも実に様々な銘柄があります。投資先の企業がどのように収益を上げているかということはわかっていなければなりません。
 そのことから、投資先を選定する上で「わかりやすいビジネスモデルを持つ企業に投資する」ということが必要です。ビジネスモデルが複雑で収益構造がわからないのに、一体どうしてこの先投資先の企業が成長していくストーリーを描けるでしょうか?自分に特別な業界知識が無ければ、ビジネスモデルが単純な企業に投資するべきです。投資初心者であればなおさら説明できる銘柄でポートフォリオを組むべきです。


初心者にありがちな巨大企業への投資!大企業(大型株)のビジネスモデルは複雑だ!


 大企業によくあることですが、長い歴史のなかで少しずつビジネスを拡大していって、今となっては実に多岐にわたる事業を展開している企業が多いです。
 大企業に勤めている方はよくわかるかと思いますが、隣の部署では全く違うビジネスを全く違う取引先に展開しているという話はよくあることです。そんな複雑な事業のひとつひとつを(内部の社員でもわからないのに)外部の人間である我々投資家が理解できるのでしょうか?そんなことに労力を割くのであれば、自分でもわかるようなビジネスを展開する企業に投資しましょう。巨大企業への投資は投資初心者にありがちです。なんとなく安定しているからという理由でボラティリティの高い大型株の銘柄を選択する行為は、全く何も考えていないのと同じです。
 成長株投資はビジネスモデルを理解できて初めてスタート地点に立てるのです。


株式ランキング
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kabuiki1989.com/tb.php/12-b91821ff