「成長株投資とは何か?ビジネス目線で銘柄選択をする!」 - 株と生きたかった

株と生きたかった ホーム » 投資手法 » 「成長株投資とは何か?ビジネス目線で銘柄選択をする!」


「成長株投資とは何か?ビジネス目線で銘柄選択をする!」


calculator-1044173_1280_mini.jpg




成長株投資を知ろう!銘柄選択の基礎!


 Hi!ヤッホー!こんにちは。kabuiki1989です。
 株の投資手法は様々です。以前もお話しした通り、株式投資にはそれぞれのやり方があります。デイトレ、スイング、バリュー、グロース、テクニカル等、期間を表すものであったり、投資判断を行うフォーカスの当て方の違いを表すものであったり、信用取引を駆使してレバレッジを掛ける手法であったり、実に数多くの投資法があります。
 私が取り組んでいるのは企業のビジネスに着目した「成長株投資」です。本日は成長株投資とは何かをご説明していきます。




株価が上がる要因とは?投資初心者はこれを知らなきゃ銘柄選択はできない!


 株価が上がる要因は大きく分けて二つあります。

①全体景気に引っ張られ、需給が改善して株価が上昇する。
②個別銘柄のポジティブなニュースが発表されることによって株価が上昇する。

 この二つは必ずどちらかということではなく、当然ミックスされることが多々あります。
 では逆に株価が下がる要因は何でしょう?簡単ですね。上昇する反対の事が起こったときです。

①'全体景気に引っ張られ、需給が悪化して株価が下落する。
②'個別銘柄のネガディブなニュースが発表されることによって株価が下落する。

 このことから、株価の上昇下落の要因は「外部要因」と「内部要因」があることがわかると思います。このことについて投資初心者は、はじめに意識しておかないと、次に自分がどのような投資行動を取ればいいのかわからなくなってしまいます。結果、相場の乱高下(ボラティリティ)に振り回されてしまうのです。


成長株投資とは何か?ビジネスに着目した銘柄選択を!


 私が手がける成長株投資においては、

①の全体相場を意識しながら、
②の個別銘柄に強くフォーカスを当てた投資行動を取ります。

 ①と②のどちらも大事なのですが、どちらが私にとっての生命線かと言いますと、②の個別銘柄をしっかりと見ることが最も重要になってきます。
 個別銘柄をしっかり見るということは、投資先の会社のビジネスが上手くいっているかということに徹底的に着目するということです。なぜ②が大事なのか。それは株価というのは全体相場を意識して常に上がったり下がったりしますが、「長期的な目線では個別銘柄の業績と相関関係にある」からです。これは不確実性の塊のような株式市場で唯一揺るぎない原則です。その軸が無ければ我々は日経平均株価が暴落するたびに、あるいは為替や先物がハイボラティリティで動く度に株を売買することになります。
 会社の業績が長期的に右肩上がりかつ、その株価が適正値であるならば、株価は上下しながら必ず右肩上がりに修正されていきます。この原則を利用するのが成長株投資なのです。


成長株投資でやるべきこと!銘柄選びはいつも適正価格で!


 成長株投資でやるべきことは、「今後の業績が上がると予想される企業の株を適正な価格で買う」ということです。相場のボラティリティや日経平均の動きをいちいち意識する必要はありません。常にビジネスベースで銘柄を選択するのです。株式投資は難しいというイメージがありますが、成長株投資は決して難しいものではありません。やっていることは大変単純で、一行で説明できてしまいます。分けて考えたらやることはたったの二つです。

①今後の業績が上がると予想される企業の銘柄を探す。
②適正な価格で買う。(もちろん、買った銘柄を売ることで初めて一つの投資が完結されます)。


銘柄選択で意識すべきは「企業の業績」と「株価」


 とにかく、着目すべきは「企業の業績」と「株価」です。そのことを完璧にこなしたあとで、全体相場を意識することによってさらに勝率を上げることができるのです。今後の業績が上がると予想される企業の株を適正な価格で取得し、成長株銘柄でポートフォリオを組むことを心がけましょう。


株式ランキング
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kabuiki1989.com/tb.php/10-fc7e0725